« 精度に潜む罠… | トップページ | バグで哲学? »

2005年7月20日 (水)

誤差…そいつは、困ったちゃん

誤差に対応するには、ど~したら
いいのか?

include <stdio.h>
double absd( double d )
{
    return d >= 0.0 ? d : -d;
}
void main( void )
{
    double    A;
    int    i;

    A    = 0.0;
    for( i = 0 ; i < 10 ; i++ )
        A    += 0.1;

    printf( "結果:%f - %s\n", A, absd( A - 1.0 ) < 0.01 ? "1.0ぽいです。\n" : "1.0ぽくないです。\n" );
}

結果:1.000000 - 1.0ぽいです。

多分、こんな感じでやれば
いんじゃないかなぁ~。

まあ、だめでもともと
その時には、固定小数点にでも
すればいいし…。<それで良いのか?

しかし、連続して計算していくと
誤差は、どんどん蓄積していく…。

そして、誤差が一定量を超えると
コンピュータは、爆発するのだ!

気を付けよう。

…。

…。

うそだぞ。

|

« 精度に潜む罠… | トップページ | バグで哲学? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/5059963

この記事へのトラックバック一覧です: 誤差…そいつは、困ったちゃん:

« 精度に潜む罠… | トップページ | バグで哲学? »