« 雪の秋葉原… | トップページ | 『a++;』と『a+=1;』の違いが!分かるかぁい? »

2006年1月24日 (火)

ソニーが無くしてしまったもの…

世界を席巻した『ウオークマン…。

ソニーは、『カセットテープ・デッキ』を小さくし
持ち運べる『カセットテープ・プレイヤー』にした。

やがて『音楽を持ち歩く』を実現し、
さらに『運動しながら音楽を楽しむ』
にまでに発展させた…。

最終的にはカセットテープのケースよりも
小さい
究極のカセットテープ・プレイヤーも発売した…。

当時のソニーは、
『技術のソニー』と呼ばれていた…。

その時の製品は、贅肉を削ぎ落とした
ある種の特化した機能美が美しかった…。

なおかつ、それを告知するCMが、カッコ良かった!


ウオークマンを持つことがステータスだった時代が
確かにあった…。


----------------------------------------

ソニーは、松下に奪われるまで
放送機材のシェアトップだった。
トリニトロンブラウン管に代表される『技術』が
今は、無くなったように思われる…。

iPadに対抗して発売されたウオークマンは、
『香水瓶をイメージしてデザインした。』とか何かで見たが…
厚化粧のデブッた中年ババァに見える…。

CMに出ている可憐な少女の様なウオークマンなら
買ったかもしれない…。

自分がソニーに求めるのは、無駄を削ぎ落とした
機能美だと思う。

例えるなら、鍛え抜かれたアスリートの様なプレイヤーだ!

さてソニーは、そのようなプレイヤーを
発売してくれるだろうか…?


頑張れソニー!

プレイステーション3!

そこはかとなく期待しているぞ!

|

« 雪の秋葉原… | トップページ | 『a++;』と『a+=1;』の違いが!分かるかぁい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/8306863

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーが無くしてしまったもの…:

« 雪の秋葉原… | トップページ | 『a++;』と『a+=1;』の違いが!分かるかぁい? »