« C MAGAZINE 休刊! | トップページ | 無くならない?『Winny』ニュース »

2006年3月 6日 (月)

最近『Winny』が目に付きますが…

モスフード、顧客情報と従業員情報をWinny上に流出
業務委託先が無断持ち出し、Winnyで顧客情報が流出――富士宮信用金庫
海自機密情報、3433人がダウンロード
児童700人分の情報ネットに流出 宮城、教員のPC
NTT東西の顧客情報がWinny流出、業務委託先社員の自宅PCがウイルス感染
秋田県湯沢市、住民1万人分の個人情報をWinnyで流出
またもやWinnyで診療記録流出――鳥取赤十字病院
Winnyで患者50人分の検査データが流出――東京医科歯科大病院

何でこんなにも流出が?

・個人のPCにデータをコピーしている。
・そのPCで『Winny』を使用している。
・『Winny』のウイルスに感染している。
が、原因と新聞等に書かれている。

今や『Winny』を使用している事は、

『僕をクビにして下さい!』
と叫んでいるのに等しい!
…と思うのだが…。


ちなみに、ウイルスと書いてあるが
実態は、実行ファイル。
従って、ウイルス対策ソフトでは
検出できない。


この辺、かなり誤解されていると思う。
つまり、ウイルス対策ソフトを入れているから

「『Winny』のウイルスに感染しない!」
と思っているんじゃ?

…実は、ボケもそう思っていたりしてました…。

だとすれば、ニュースの書き方にも
「『Winny』を使用している場合
知らないうちに情報が流失しています。」

とでも書いてあれば、危機感を持つのでは?

実際にリストが流失しても、

本人か関係者、リストに載っている人、心優しい誰か…
が見付けて通報するまで企業等が知ることが出来ない…。


しかも、『心優しい誰か…』は、まれと思われる…。<偏見かも…。
だって、『何に使っているの?』と聞かれた時に大抵の人は、答えに困るだろう?

そして、通報されてからでは、回収は、不可能…。

しかし、どうしても『Winny』を使いたいのであれば

「『Winny』だけを動作させるPCを一台用意する!」
気構えが無ければ駄目だろう…。

虎と猫を同じように飼えないように
危険なソフトなら、それなりの対策をしないとクビの上

賠償金を請求されるぞ!

…とボケは、思うのだが…
他の人は、どう思うのだろう?

セキュリティ会社は、別なアプローチで対策を提案しています。
Winny検出ツールも同梱、トレンドマイクロが企業向けウイルス対策ソフトの新版

ちなみにボケは、こんな危険なソフトに手を出しません。
マジで、流失したら洒落になりませんから…。

|

« C MAGAZINE 休刊! | トップページ | 無くならない?『Winny』ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/8963668

この記事へのトラックバック一覧です: 最近『Winny』が目に付きますが…:

« C MAGAZINE 休刊! | トップページ | 無くならない?『Winny』ニュース »