« 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その1) | トップページ | 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その3) »

2007年2月14日 (水)

『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その2)

パワーアップをBIOS画面で確認。

20070211011_1

おお!
やっぱPENⅢ1GHzだよ♪
メモリー512MBだよ♪


早速『Windows98SE』をインストールしてみる。

全く問題無く、素直にインストール。

勿論ビデオドライバーとサウンドドライバーは
デフォルトに無いのでLenovoサイトから
ダウンロードしてインストールすると
素直に動作♪

ただ、「デバイスマネージャー」を確認すると
1つだけ「?不明なデバイス」が…?

で、色々調べてみると…
インテルのサイトにこんな説明を見付けた。
>Microsoft* Windows* 98 SE のデバイス・マネージャで
>"不明なデバイス" が表示されます。
>不明なデバイスは、Firmware Hub (FWH) の
>Random Number Generator (RNG) 機能です。
>この機能を認識させるには、CA810E CD-ROM に入っている
>Intel Security Driver をインストールしなければなりません。

この「Security Driver」は、勿論Lenovoサイトに
アップされているのでダウンしてインストール。

すると「デバイスマネージャー」から
「?不明なデバイス」が消えた。

やった~♪

所で、この「Random Number Generator」とは
そのものずばり「乱数発生装置」だそうだ。
それがなんで「Security Driver」となるのか?
暗号化の際にRNGからのデータを種として
利用するらしい。

それって…
普通に使い分には、関係無い機能なので
別にインストールしなくても良いかも。
でも「?不明なデバイス」があると気持ち悪いので
潰しておくに越したことはない。

だが…
まだ終わりではない。

だって、MicMacできなじゃん!

ちなみにMicMacの仕様は…

CPU:Pentium Ⅲ 1GHz(Pentium Ⅳ 1.6GHz)以上
Memory:256MB(512MB)以上
Video:nVIDIA GeForce 2 MX or ATI Radeon 7500
      (nVIDIA GeForce 3 Ti or ATI Radeon 9200)以上
Video Memory:32MB(64MB)以上
OS:Microsoft Windows XP/2000
DirectX:DirectX 9.0c 以上

CPUとメモリーは、OKだが…
OSとビデオが…。

まずは、「Windows2000」を入れなければ!

そして…
秘密兵器登場!

20070211011

Inno3D
GeForce 4 MX 440B-8X
64MB(64BIT) DVI+TV DDR PCI

こいつを入れてMicMacが動くマシンに!

なれるかな…?

つづく

|

« 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その1) | トップページ | 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/13900373

この記事へのトラックバック一覧です: 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その2):

« 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その1) | トップページ | 『IBM NetVista A40』パワーアップ再び!(その3) »