« NetVista A40 再び!(その1) | トップページ | NetVista A40 再び!(その3) »

2007年3月16日 (金)

NetVista A40 再び!(その2)

電解コンデンサーを握り締め!
「あきは~ばら、あきは~ばら、
店長さんのおつかいにゃ!」

などと歌いながらアキバへ!

日曜日は、相変わらずメイドさんがタムロシテイマス♪(笑)
メガネ属性のメイドさんカワイッス。

今回もまたまた三栄電波㈱さんにお世話になります。

20061207151

親父に「これくれ!」と例の電解コンデンサーを渡すと…
親父、ブツを眺めながら「普通用?パソコン用?」と問う。
即答で「パソコン用!」。
見えない所に居る誰かヒソヒソする親父…。
そしてゴソゴソと物を引っ張り出す。
「こいつだな。ちょっと背が高くなるが…」と
こいつをくれた…。

20061207152

2200μF16Vから2200μF25Vに。
5ミリ高くなるが、ぶつかる所が無いので問題なし。
流石にこの手の部品は、秋葉原だね♪

この後、知人・友人と楽しく過ごして
帰宅した後、作業を再開!

電解コンデンサーを外したのは良いが
半田が穴を埋めているので穴を開通させなくてはならない。
半田吸い等熱を咥えて取り除く方法や器具も有るのだが
以前熱を加え過ぎてパターン剥離をした事がトラウマです。

で、秋葉で買ってきた秘密兵器!

20061207153

TOMON製ピンバイス&ドリルセット
「0.5-0.6-0.7-0.8-0.9mm」のドリルが付いていて
とってもお徳♪

穴を開通させるのにドリルでグリグリする。
削りカスは、ガムテープなどで慎重に除去。
削りカスが元でショートでもしていたら
洒落にもなりませんから…。
最後に掃除機をかけて終了。

コンデンサーを突っ込み半田付け。
この時、熱を加えて半田が解けている所で
ぐりぐり動かし半田を穴の中まで馴染ませます。
半田終了後もぐりぐりして半田が不十分でないかを確認します。

半田完成!!

組み上げてからコケテいたらまた分解する羽目になる。
そいつは、勘弁して欲しいので
この段階で起動試験。
無事BIOSが起動。
ちゃんと認識しているのでコンデンサーの交換は、
上手く行ったようだ…。

だが本当の所は、神のみぞ知る…。(汗)

更に基盤をケースに入れ仮組みした段階でも起動試験。
誤って端子か何かがケースに接していないかも確認。

後は、ガンガン組み立てるだけ!
だがHDDを付けた所で干渉場所発見!

20061207154

HDDをネジ止めしフラットケーブルを入れてから
電源コネクタを差し込もうとすると…
電源コネクタが後ろのコネクタと干渉して入らない事を発見。
改めて電源コネクタを入れてからネジ止めを行った…。

取り立ててトラブルと言ったらこれと
フィルムケーブルをはめる所だろうか?
裂けたりしたら目も当てられないので
慎重に行ったら意外に手間取った…。

無事完成!(感涙)

20061207155

組み上がった後にネジが余っていなかったので
ネジを両面テープで止めるのは、上手く行ったようだ…♪

だが!
これだけでは、ただの箱。
無事OSを入れられるのだろうか?

だが…
それは、また次の話しと言う事で
おやすみなさい♪

|

« NetVista A40 再び!(その1) | トップページ | NetVista A40 再び!(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/14276461

この記事へのトラックバック一覧です: NetVista A40 再び!(その2):

« NetVista A40 再び!(その1) | トップページ | NetVista A40 再び!(その3) »