« NetVista A40 再び!(その3) | トップページ | よつばと!キタ━(゚∀゚)━ !!! »

2007年3月18日 (日)

NetVista A40 再び!(その4)

今回の320GBのHDDをインストールするに当たり
IAA(Intel(R) Application Accelerator)を利用する事が前提。
こいつは、98以降のOSをビッグドライブ対応させる優れもの。

インテル(R) アプリケーション・アクセラレーター

今回の構成は、98SEをバックアップOSとしてCに
2KをメインOSとしてDにインストールしようとしたのだが…

どーしても2Kがインストールできない!

98は、パーティションを基本と拡張の計2つしか
認識できないのでそのように切るのだが…
2Kは、その時に拡張領域のサイズをチェックしバグルらしい…。

20061207171

*** STOP: 0x0000007B (0x82087030,0xC000014F,0x00000000,0x00000000)
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE
と表示され停止してしまう…。

2Kには、大容量のSCSIへのインストールパスとして
インストール中にドライバーの読み込みを行えるのだが
IDEは、対象外らしくIAAのドライバーを読み込んでくれない…。

色々試してみたが…挫折!(T_T)

仕方が無いので最初に127GBでパーティションを切り
インストールした後、未使用領域を2K用にパーティションを
切り直す事に…。

98がアクセスできない領域が200GB近くある事になるが
まあ、使えないよりは良いだろう。
だが、98単体なら320GBを扱えるように出来たのに…。
サーバー用OSに足を引っ張られるとは…。>トホホホ…。

ちなみに、98も
EMM386 not installed - unable to set page frame base address.
なんてエラーが表示される。
こいつは「config.sys」の一文に「/NOEMS」を追加すれば出なくなる。
device=C:\WINDOWS\EMM386.EXE RAM
/NOEMS

とにもかくにもこれでOSのインストールを
行う事が出来ると言う訳で
めでたしめでたし…。

でも無かったりする…。

|

« NetVista A40 再び!(その3) | トップページ | よつばと!キタ━(゚∀゚)━ !!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/14297899

この記事へのトラックバック一覧です: NetVista A40 再び!(その4):

« NetVista A40 再び!(その3) | トップページ | よつばと!キタ━(゚∀゚)━ !!! »