« ラーメンの天下一品って? | トップページ | 東京井の頭自然文化園(その2) »

2007年5月 9日 (水)

東京井の頭自然文化園(その1)

正式名称だと何処だか分かりませんが…
井の頭動物園の事です。

連休中に昔懐かしい動物園へ行って来ました。(笑)

なんせ子供の頃に行ったきり…
では無いのですが…
それでもン年ぶりです。

連休と快晴な為なのでしょう正面入口の券売窓口は、長蛇の列…。
行った時間も丁度お昼だったせいでもあるんでしょうが
入るのに並ぶなんて嫌だ!
って人は、人が殆ど居ない分園の中門入口から入りましょう♪

20070429001

正面入口とは、大違いの静けさです。

入る前に撮っておけば良かった!
半券を千切られてしまいましたが、パチリ!

20070429002

入場券は、可愛いリスがあしらってありますが…
これって昔から同じ絵柄なのでしょうか?
なんか見たような…?

結構園内に人が居るのですが丁度良い感じと言えばいいのでしょうか?
混み過ぎず、かと言って閑散としている訳でもありません。
のんびりと楽しみながら回れます。

20070429003

飛べる鳥を柵で囲った展示場所も珍しいのでは?
だって飛んでいっちゃいますし…。
この辺は、どうなっているか謎です!<勝手に謎にしています♪

20070429004

ちなみに鳥によっては、「何かくれない?」と近寄る鳥も。
この黒鳥、奥の砂場からワザワザ傍まで近付いて来ました。

20070429005

「何かくれるかな~?」と暫くウロウロ泳いでいたら
「何もくれな~い!」と奥に戻って行きました…。
すみません、何もやらない不甲斐ない客で…。(汗)

何気に良い感じの椅子が…。

20070429006

この湾曲が何ともそそります♪
なんとなく欲しくなります。
でもこれって50Kg以上ありそうなので椅子を引くだけで筋トレになるかも…。

ちなみにぞうのはなこに続く長寿な鳥がここに!

20070429007

それが、クロヅルの「イチコ」さん!

>昭和34年(1959年)2月16日に来園し、ペアと
>なったオスの『キュー』(2002年12月22日死亡)との間
>で、1969年に初めてヒナを育てました。日本全国の
>動物園で初めてのことでした。その後、9羽のヒナを育
>てました。

つまり、生まれは昭和33年か32年か…不明って訳ですが…
年齢にして多分49歳以上なんでしょう。
物凄い長寿です。

>長生きするよう、大切に飼育したいと思います。
との事。
また来た時には必ずチェックしようと密かに決意!

井の頭自然文化園では、怪しげな計画を実行中だったりする。
その名も『オシドリ千羽計画』だそうです。

20070429008

>井の頭自然文化園では、その昔、井の頭池でたくさん
>見ることのできたオシドリをもう一度よびもどす計画-
>「オシドリ千羽計画」-に取り組んでいます。
昔は、池を埋め尽くす程オシドリが居たんですね…。

20070429009

美しい鳥ですよねぇ~。
しかも、仲良し…。
羨まし~い!

さらに近くにあるこの看板が微笑ましいです。
>オシドリが外に出ていたら
>~“里帰り”と思ってください~
檻の外でオシドリが居ても通報しなくて良いそうです。(笑)

20070429010

ちなみに一千羽が里帰りしたら…
足の踏み場も無いのでは?
ヒッチコックの「鳥」のようで楽しいかも♪

少なくともカラスを駆逐してくれるかも…
んな訳無いか。

あっちこっち巡り巡って分園表門入口から脱出!

20070429011

まだまだ、一杯あるのですが…
取り合えず分園は、後にしましたょ~。
次は本園だ!

|

« ラーメンの天下一品って? | トップページ | 東京井の頭自然文化園(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/15006102

この記事へのトラックバック一覧です: 東京井の頭自然文化園(その1):

« ラーメンの天下一品って? | トップページ | 東京井の頭自然文化園(その2) »