« 恐怖の爆弾? | トップページ | 『危険なWebサイト』と言う地雷を踏んだらしい…。 »

2007年7月11日 (水)

『IBM NetVista A40』のその後(その2)

WIN2Kで動作させると
HDDがシャカシャカ音がする…。

WIN98SEだとそんなことは無い。
静かな上に速い。

どうやら2Kでは、回転数を制御している
らしいのだが五月蝿い上に遅い。
全く良い事なし!

これは『Intel(R) Application Acceletor』が
噛んでいるに違いない。

と言う訳で設定を見てみると…
『自動音響管理』と言うおよそHDDには
関係なさそうな項目を見つけた。

20070708001_1

『最低音響出力』となっている。
どうやらHDDを静かにする設定らしい…。

ヘルプを見る『最低音響出力』とは、
『最低可聴騒音レベル』だそうだ。

98では、そんな設定そのものが無い。(笑)

20070708002

「未使用」にすると静かになって高速になった。

しかし、五月蝿い上に遅くなるとは…。

ちょっと救いの無い機能だ…。

一体どんなHDDを想定した機能なんだろう?

そのあたりが興味津々。

|

« 恐怖の爆弾? | トップページ | 『危険なWebサイト』と言う地雷を踏んだらしい…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/15720314

この記事へのトラックバック一覧です: 『IBM NetVista A40』のその後(その2):

« 恐怖の爆弾? | トップページ | 『危険なWebサイト』と言う地雷を踏んだらしい…。 »