« 鉄道博物館(その6) | トップページ | 鉄道博物館(その8) »

2007年10月21日 (日)

鉄道博物館(その7)

保線と作業用具がひっそりと車両の影に置いてあります。
こんな所で良いんですかね?

200710140080

写真を撮ろうと前に出て足元を気を付けると
あれ?こんな所にネームプレート?

200710140081

多分10人中8人は、気が付かないのでは!?
う~ん、こんなセッティングしたのは、
かなりお茶目な人かも…?(笑)

今回の展示会場の工夫で客車が多く、しかも客車内を
休憩や食事に使えるのは、助かる。

200710140082

この中で駅弁を食えば思い出を満喫できること請け合い!
無くても楽しい雰囲気で飯が食えます。
自分は、特急のこの折り畳みテーブルに思い出が…。(笑)

施設内の床には、隙間を埋めたレールが走っています。
当然の如く機関車などの運搬に利用されたんでしょう。

200710140083

台車に油をさして動くよう整備した為か油受けの皿が。
結構動くよう整備したのかな?
これならメンテナンスなんかに便利そう。
なんせ隣が大宮総合車両センターですから。

他にも黒人形がある所には、当時の風景を感じられる
背景音と会話が流れています。

200710140085

音声が当時の雰囲気を醸し出します。
良く聞くとストーリ仕立てで結構面白い
しかし、まだ全ての場所に設置されていないみたいです。

最後に交通博物館の顔だった新幹線0系と
D51機関車を探していましたが
新幹線0系は、ヒストリーゾーンの一番後ろで発見。

200710140086

元気に現役復帰(?)ですね♪
D51機関車は、交通博物館と同じように入り口の傍にありました。

200710140087

天井付きなのでもう風雨に曝される事は、無いですね。
入り口横の壁は、交通博物館を髣髴とさせるレンガ風です。

200710140088

とりあえず、午後4時に鉄道博物館を後にしました♪

次回は、お土産編です♪

|

« 鉄道博物館(その6) | トップページ | 鉄道博物館(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/16824663

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館(その7):

« 鉄道博物館(その6) | トップページ | 鉄道博物館(その8) »