« 鉄道博物館再び(その2) | トップページ | 鉄道博物館再び(その4) »

2008年1月22日 (火)

鉄道博物館再び(その3)

体験主体のコーナーをメインに廻りましたよ。

最初にパンダグラフの上げ下げ。
皆で「おお~!!」と言いながらボタン押す押す。(笑)
そん中で初めてシゲシゲ見たのがこれ!

車輪とレールの接点をみてみよう

20080119020

これをマジメに見ると『え!?』と思える映像が!!

20080119021

意外に車輪は丸く、レールと接しているのが点に近いのはビックリ。
勿論、乗客が乗れば重くなるので擦り切れるなどで
こうではないのかも知れないのだがカーブの仕組みを見て取れましたよ。

そんな中、妙な物に盛り上がってしまいました!
それがこれ!『チョウナ』って何!!

20080119022

そこに居た係員に尋ねると学芸員を呼びましたよ。
さらに学芸員が上級学芸員(?)を呼びましたよ。
彼の人の手には、『鉄道年間年鑑』なるものが手にされていました…。

曰く
>枕木を整形するのに使用した物のようです。
>宮大工が使用した道具のようです。
だそうです。

今ネットで検索を掛けたら手斧の事を「チョウナ」と呼ぶそうです。
カンナより古い工具だそうです。
調べ物では、ネット恐るべし…。<役に立ちます!

この他にも「正津川」の駅の案内の形がこんなのは、何故?

20080119023

「下北半島を模した」だそうです。
まあ、想像通りだが…。
でも、面白いですね。
各駅の案内の形が各駅のある市の形だと面白くない?(笑)

そんな中で鉄ちゃんが面白い旅客運賃表を発見。
下に『ときめき』とある。
何が『ときめき』かいと言っていたら…

20080119024

正直「PCゲームのタイトルを書いた!」など…
「萌えの以前の萌えを書いた!」など…
外れた所で盛り上がっていたりして…。

もう一人の鉄ちゃんが『ときめき駅』を発見!

20080119025

ともかく『ときめき駅』自体がある事がビックリである。

この訳の分からん質問にワザワザ3人も関わってくださり
有難うございます。

この後、皆が集まって『チョウナ』に付いて
係員講習会が始まりました。(笑)

このようにして知の伝播が行われるのね♪

もしかして質問したのが役に立ちました!?(笑)

PS.
鉄道博物館快走 開業3カ月
おめでとうございます♪

|

« 鉄道博物館再び(その2) | トップページ | 鉄道博物館再び(その4) »

コメント

解説どうも~。
普通に辞書載っているんですね~。(汗)
こんな物を質問してすみません。>係員さん。
PS.
早く暇になってくださいね~♪(笑)

投稿: kouyou | 2008年1月22日 (火) 23時23分

おもしろいものを見つけたねえ!
チョウナは丸太を手早く平面に削る道具らしいよ。へたくそが使うと自分の足を削るらしい! で、その荒削りの表面をきれいに整えるのがヤリガンナ。ともにいにしえの大工道具だそうな。いまでも宮大工は使っているらしいがー
以上、「しったかぶりねこた」でしたー
P,S,
飲みに行きたいねー
暇になったら行こうねー

投稿: ねこた♪ | 2008年1月22日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/17780522

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館再び(その3):

« 鉄道博物館再び(その2) | トップページ | 鉄道博物館再び(その4) »