« 『PEPSI NEX』のモバイルクリーナー | トップページ | BOSSのタミヤRCカー »

2008年5月22日 (木)

TVモニターが壊れたぁ~!!(その後の顛末編)

壊れたんだから分解してみよう…。
だってこれ以上壊れう事なんて無いんだから…♪(笑)

20080310001

早速、裏蓋を外してみる。
おお!電磁波対策にきっちりシールドしてある…。
しかも結構綺麗なシールドだ。

20080310002

コイツを外すとブラウン管が剥き出しになる。
電子ビーム管制御部分もしっかりシールドされている。

20080310003

しかし、配線がとぐろを巻いています…
ここから何処をどお外せば良いのやら…。

悩んだ時には取り敢えず寝る!

このまま、数週間放置…。(笑)

気を取り直してコソコソと分解再開…。

特殊なコネクタ部分は、外し方知らないと外せない。
壊れて構わないので力任せに外してから調べる手も使える。
実際に外し方が分からないコネクタの外し方を知った。

勉強になるぜ!

とは言え壊れる時に「バッチン」と音がしたので
壊れた部品を目視で判断できるかもと思った。
また、壊れたのは単品だろうと思うので部品を
特定できれば交換は出来るだろうと目論んでいたのだが…

ともかく分解しないと始まらない!
と頑張って何とかここまで分解しましたよ~♪

20080310004

基板上を掃除をすると部品も基盤も凄く綺麗!
高電圧がかかる基盤は、基盤の裏が焦げていたりするのだが
そんなのが全く見当たらない…。
「バチン!」と音がするぐらいだから基盤も焦げているだろう!
などと目論んできたがすっぱり外れた…。

20080310005

電解コンデンサも綺麗で変形しているのが一つも無い。
正直一昔まえの物とは思えない…。
などと感動するも故障個所を特定できないので
このまま放置…。

寝ます…。

数週間そのまま放置して気が向いた時にシゲシゲ眺める…。

ふと基盤の一部に焦げている部分を発見。
もしかしたらとテスターをあてて見たら値が出ない!
コイツが犯人だ!って切り落としました。

早速、秋葉原に行って部品を買って来よう♪

20080310006

直ぐに手に入るだろうと思ったら店を梯子しても見付からない。
それから何度か秋葉原へ探しに行くが結局手に入らなかった。
一応インターネットで調べてレアな物なのは確認していたのだが…。
データシートを探していたのだが見付からない。
仕様が分かれば準拠品を店にお願いできるし…。
でも、秋葉のおやじなら探し出してくれるかも♪

なんて勝手に思っていたさ!

でも、おやじに聞くと全店が「うちじゃあ扱っていなねぇ」って即答!
扱っている部品点数が幾つあるか知らないけれど…
型番と形状を頭に叩き込んでいるのか!?
やっぱり恐るべし秋葉原のおやじ達!

何度も通ったらメーカーのサービスステーションで
部品を売ってもらうのが良いだろうとアドバイスされた。

そう言えば東芝のサービスステーションで
MSXのFDDベルトを小売してくれたっけ。

今のソニーのサービスステーションで部品を小売してくれるのか?
確か修理は全て工場送りだったんじゃあ…。
…って、もしかしてそれはPS2だけの話!?
行ってもいないのに決め付けるは、いけませんね…。

修理に出せば良かったか?<後の祭りではある…。

それは、さて置き…
部品の事でこの手に詳しい奴に電話をしてみる…。

この手に詳しい奴に聞いたら壊れた部品の回りも
壊れている可能性が高いので一時的に回復しても
あまり持たないし火が出たりするかも…
と言われて素直に断念。

そう言えば、昔NECのTVモニターを持っていたのだが
壊れたのでメーカーに修理を依頼した…
だが数ヶ月後に再び壊れた。(泣)
また修理りを依頼したのだがやはり数ヶ月で壊れたっけ…。
二度も壊れると流石に諦めるわ…。

最近の修理は、部品の交換で無く基盤ごと交換するのは
その辺りもあるのかと思い当たります。

残念ですがまあ充分元を取ったでしょう♪

さようなら「SONY CPD-17MS」…

今までありがとう…

トラックの荷台に乗って行きました…。(合掌)

|

« 『PEPSI NEX』のモバイルクリーナー | トップページ | BOSSのタミヤRCカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/41281854

この記事へのトラックバック一覧です: TVモニターが壊れたぁ~!!(その後の顛末編):

« 『PEPSI NEX』のモバイルクリーナー | トップページ | BOSSのタミヤRCカー »