« 正体不明な不具合…それはマルチスレッド!? | トップページ | 待ち合わせ場所は、『こどもの国』!?(その1) »

2008年5月 4日 (日)

幕末浮世絵展

三鷹市美術ギャラリーで幕末浮世絵展が
やっているので行ってみた。

幕末浮世絵展

20080503001_2

エレベータで行くかエスカレータ4階まで行って
階段で行くのが良いかと…。
何でこんな事を書くかと言うと4階でエレベーター待ちを
していた人がいるから…。
一階上がるのを横着しなくても…
などと思ってしまいましたよ。

20080503002_2

入場券を購入して館内に入る。

相変わらず券売所と展示場への入り口が分かり難いです…。
レイアウトを変えても良いのでは?
と思いますがそんなの思うの私だけ?
でも、店員が一斉に券売所を指し示すのだから
やっぱり分かり難いのだと思うけど…。(笑)

展示は、美人画から始まり役者絵と続く。
眺めていくと超初心者的疑問がふつふつと湧く。

何でこうも顔形が揃っているのだろう…?

勿論、描き手によって構図や細部は異なっていますが
顔に関しては大まかに判で押したような瓜実顔。
鼻筋がスーと通った感じで斜め45度で描かれています。
正面顔が殆どありません…。

絵師がそれしか描けないのかと言うとそんな事は無く
小物として描かれている小鳥の写実的な描画ができるのなら
人物も相応に描けるだろうと思ったのです。

ピカソのデッサンと作品のような落差を感じます。

当時、顔に対する固定観念があったでしょうか?
美男美女は、このような顔!と言ったような…?

学芸員に聞くとその辺を答えてくれるかも…?
今度試しに聞いてみよう。

富嶽三十六景や東海道五拾三次などの風景画は
心が和みます♪

おどろおどろしい怪談劇画は
「滝夜叉姫と大骸骨」の図が素晴らしい。
多分どこかで見た事があると思うのだが…。

20080503003_2

そんな中で『北斎漫画』ってのを初めて見たのだが
デッサン集だったり描き方の指南だったり
今、書店で売っていても違和感がない物だったりする。

もしかしたらとググッてみると売っていた…。(汗)
今度買ってみよう。

結構、真剣に眺めていると最後の方で「クラッ」と来ます。
貧血かも…。

そんな私には、量的に丁度いいかも…。

会場から出てきたら何んだか絵が描きたくなって来ましたよ。(笑)

基本は、斜め45度でしょう♪

|

« 正体不明な不具合…それはマルチスレッド!? | トップページ | 待ち合わせ場所は、『こどもの国』!?(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/41082151

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末浮世絵展:

« 正体不明な不具合…それはマルチスレッド!? | トップページ | 待ち合わせ場所は、『こどもの国』!?(その1) »