« 文楽の謎!? | トップページ | 春日通りを散策である!(川柳発祥の地ほか編) »

2009年7月22日 (水)

春日通りを散策である!(佐竹商店街と秋葉神社編)

午後3時半頃、文楽を後にして御徒町からスタートである♪

20090718001

早速面白い建物発見!

上野六丁目防犯センター

20090718002

最初に時計台へ目が行った後に十手に気が付く!
余りにデカイオブジェに何だろうと思っていたら…
防犯センターなのね…。

あ!時計の文字板!十二支だ!
チョット、アハ体験♪

すぐにこの辺りでは、超有名店の『多慶屋』。

多慶屋

20090718003

人伝に聞いただけ、まだ入ったことが無い…。
今度入ってみよう…。(汗)

先に行くと春日通りに面した商店街を見付けた。

佐竹商店街

20090718004

錦糸町での待ち合わせには、まだ間がある。
これは、散策せねば!

入り口から見た風景。

20090718005

何かダンジョンの前に立った勇者の気分!(笑)

一気に反対側まで行って見ました♪
反対側からパチリ♪

20090718006

何か、あまり店が開いてない…。
どうやら連休中なので多くの店が閉めていたみたい。

…残念…。

でもチョット面白い建物があったので写真を撮ってみた。

20090718007

昔、こんな店が多くなかったですか?
駄菓子屋なんかこんな感じだったような…。

それと珍しい青銅壁の家屋です。

20090718008

昭和初期のものなのでしょうか?
雨樋なども青銅ですが残念ながら壊れています。
建った当時は、ハイカラな店だったのでしょう。
この他にも青銅壁の建物を見付けたので
この辺りの流行だったのかもしれません。

その建物の前に『竹町公園』があります。

20090718009

この隣に台東区立平成小学校があるのだが、
何か小学校との境目に出入り口が用意されていて
この公園、校庭の一部に組み込まれているみたい。(笑)

ここでチョット一服…。

更に通りに戻る途中に小さな神社を見付けた。

佐竹 秋葉神社

2009071800a

由来があったので読んでみた…。
『秋葉』とあるので『秋葉原』に由来があるのかと思ったら
全く関係なかった…。

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

2009071800b

由来には…
>正一位秋葉山中宮秋葉神社の御祭神は、
>火之迦具土命と申上げ火除けの守り神で
>御神徳は、特に火の幸を恵み、悪火を鎮め、
>火防開運の神並びに火災消除、家内安全、
>厄除け開運、商売繁盛、の霊験新たかにして
>全国より信仰されている。
とある。

またこの辺りの地名の由来も書いてあった。
この辺りは、二十八万石の秋田藩十二代藩主
佐竹右京太夫義尭公の広大な屋敷跡なのだそうだ。

秋葉神社は、他でも見かけたので
火事を恐れた江戸時代に火を治める神社が
あちらこちらにできたのかもしれません。

中に入ると鳥居がある。

2009071800c

額束がチョット曲がっているのは、ご愛嬌だろう♪

境内に『佐竹町会創立八十周年記念』碑がある。

2009071800d

寄進されたお金は、『大中小御御輿・山車 大修復』に使用されたそうです。
結構元気な商店街のようです。

小っちゃいながら手水舎も…。

2009071800e

さてお参りしようと見ると…

2009071800f

おお、AEDがこんな所にあるのを始めて見ましたよ!

でも商店街のすぐそばだし、お参りすれば
必ず目に入るし覚え易いだろうし…。
色んな意味でかなり実用的な設置だと思う…。

でもこっちの方がつぼに嵌った!

秋葉神社ねつけ

2009071800g

不揃いの木っ端に『秋葉神社』の焼印されたストラップ。
色々あり過ぎて選ぶのに苦労しましたよ。(笑)

さらに説明書きには、『ストラップの代金は、
賽銭箱に奉納してください』とある!(爆)

この何とも味のある販売方法もグッと来ましたよ!

しかもその横の札も同じ販売方法!(笑)

2009071800h

もうこれは、買うしかない!

2009071800i

ちゃんとお参りもしましたよ!

しかし、この雰囲気は、チョットファンになってしまいました♪(笑)

さて、春日通りに戻って先へ進みます…。

|

« 文楽の謎!? | トップページ | 春日通りを散策である!(川柳発祥の地ほか編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/45704648

この記事へのトラックバック一覧です: 春日通りを散策である!(佐竹商店街と秋葉神社編):

« 文楽の謎!? | トップページ | 春日通りを散策である!(川柳発祥の地ほか編) »