« 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その2) | トップページ | 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その4) »

2009年8月22日 (土)

哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その3)

建物は、ほぼ終わったので…
他に目が付いた物をざっくり。

端の奥にある『硯塚』。
もしかしたら見落すかも?

20090815031

井上博士の使用した硯を供養した塚。
よっぽど沢山使ったんでしょうねぇ~。

そして道の途中にある『筆塚』。

20090815032

こちらも塚を作るぐらい一杯使ったんでしょうねぇ~。
離して設置したのは、何か思う所があったのだろうか?

そのそばにある、どお見ても傘な『演繹観』。

20090815033

これもまた不可思議が説明が付いていますが
まあ、休憩所です。

「世界の根源は物質である」ってのを表した『唯物園』。

20090815034

色々な説明がかなり笑えるかも?

20090815035

左上から右下に…。

『狸燈』は、人の心情と霊性の光を表しているらしいが何で狸?
人は、狸親父になると暗示しているのだろうか?

『物字壇』は、『物』の字に芝生が植えてある。

物質世界に何故に『神秘洞』?

先ほどの『唯物園』に対する小庭の『唯心庭』。

20090815036

同じ『園』でなく『庭』にしたのも
『庭』って言葉が精神的にゆったりするからか?

20090815037

『先天泉』は、人が経験を超えた高妙尊厳の消息に接するのを表している。
って勘の事か?

『狸燈』に対するのが『鬼燈』。
狸と鬼ってのもギャップが有り過ぎでないか?
塔が良心の光明を表すそうだ…。

『理性島』に達する『概念橋』。

『主観亭』って名の心界の休憩所です。

特に説明が無い『菖蒲池』。

20090815038

と小さな滝。

20090815039

と猫…。

2009081503a

まだ、続くのか!?(汗)

|

« 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その2) | トップページ | 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/45993412

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その3):

« 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その2) | トップページ | 哲学しに『哲学堂公園』へ行ってみた♪(その4) »