« 『甘味茶房 菊丸』で餡蜜♪ | トップページ | 『番屋余市』再び! »

2009年10月10日 (土)

『山崎記念-中野区立歴史民俗資料館』に行ってみた。

中野駅から軽く散歩した所にそれはある。

山崎記念中野区立歴史民俗資料館

20090822001

建物は、意外にこじんまりとした平屋のような二階建て。

20090822002

下町で見かける防火用水。

20090822003

良く金魚とか買われていたりする。
これも中に金魚が泳いでいた。
金魚は、実はボウフラ対策だったりする。
夏、蚊が発生しないよう食ってもらうわけだ。
しかも目にも楽しい。
一石二鳥って訳。
だと思う…。

製粉用石臼。

20090822004

車が見えるので大きさの程は、想像できますよね。
蕎麦粉製造に使われたそうです。
その生産能力は如何程だったのでしょう?

記念碑

200908220045

この民俗資料館が立っている土地を
地元旧家の山崎喜作さんが遺贈したそうだ。
山崎氏の功績を称えてる。

狛犬…
それともシーサー?

20090822005

鍋屋庭園の石橋

20090822006

道しるべ。

20090822007

御嶽神社の杉の根(樹齢500年)。

20090822008

鷲宮にあった御嶽神社の杉根のだそうです。
自然の作り出した見事なオブジェです。

大八車。

200908220089

消火用の手こぎポンプ。

20090822009

角が丸みのある防火用水。

20090822010

このタイプは、あんまり見た事が無い。

多分…
丸宮式動力脱穀機。

20090822011

石臼。

20090822012

前にあるやつより小ぶりだがそれでもデカイ。
油のしぼり糟の塊を細かくするのに使われ
粉砕された油糟は、肥料や鶏の餌に用いられたそうです。

下町で見かけたゴミ箱。

20090822013

ここでは、物置代わりになっているようです。
蓋は、壊れているようです。
残念。

古井戸とデッカイ樽。

20090822014

デッカイ樽は、とうご(漬物用大樽)でたくあんを漬けたそうです。
なんと7200リットルで大根が7千本程が詰められる大きさです。
子供がプールとして使えるぐらいデカイです。

館内も勿論見たのだけど、館内は写真厳禁なので
館外の写真だけね。

それでも、眺めて楽しい物ばかり♪

|

« 『甘味茶房 菊丸』で餡蜜♪ | トップページ | 『番屋余市』再び! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/46443566

この記事へのトラックバック一覧です: 『山崎記念-中野区立歴史民俗資料館』に行ってみた。:

« 『甘味茶房 菊丸』で餡蜜♪ | トップページ | 『番屋余市』再び! »