« ギガ対応ポートスイッチングハブを買ってみた。 | トップページ | 『サントリーハイボール』を飲み比べて見た。 »

2010年11月 9日 (火)

『SONY VAIO VGN-SZ55B』でネットワークが『1000BASE-T』にならない!?

今回、ハブが5ポートでは足りなくなったので8ポートを購入。
折角なんで『100BASE-T』対応のハブから
『1000BASE-T』対応のハブにした。

これでPC間のデータ転送が早くなると期待。
メインマシンは、1000で『VGN-SZ55B』も
1000なので動作を確認してみた。

ハブのインジケーターを確認すると
メインマシンは、1000と認識しているが
ノートの方は、100と認識している…。

あれ?1000じゃないの…?

何で1000で通信してくれないの…?

ブルーな気持ちで調べていく…。

HPのスペック表に『1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1』とある…。

20101106001

なんでやねん!(泣)

と、毒づきながら…

『デバイスマネージャー』を起動し
『ネットワークアダプタ』の『プロパティ』を出し
『詳細設定』の『リンク速度とデュプレックス』の『値』を見てみると…
本来有るべき『1000Mbps 全二重』が無い…。

???(@_@)???

ネットワークドライバーが合っていないのか?

なら1000で動かないのも納得ができる!

…でも、リカバリーのドライバーがこうってのも…

兎も角、メーカーサイドからダウン。
Marvell Yukon 88E8055 PCI-E Gigabit Ethernet Controller
確認すると…
>Windows Vista x86 Driver (32-bit) for Yukon Devices 9/15/10 11.30.1.3
今年の9月に更新されているのでかなり新しいはず。

『ドライバーの更新』を実行する。

キチンと最新のドライバーと認識して組み込んでくれた♪

20101106002

念のため再起動する。

再度、デバイスマネージャーから確認してみる。

おお!『1000Mbps 全二重』が有るよ!

小躍りして喜んでテストしてみた…

しかし、ハブが1000と認識してくれない…。

デバイスドライバー上で強制的に1000にすると
ハブのインジケーターが消える!?。

完全にデスコミュニケーション状態…。(汗)

ハードウエアが未対応なのか?

ドライバーが合っていないのか?

ハードウエアが破損しているのか?

分かりません…。

ギブアップです。

あ~あ、何が悪いんだろう?(泣)

もしも、ノートが正常に動作しているとしたら…

悪いのは、ハブの方?

昨日買ったばかりなのに?

って、新品である事が故障していない保証にはならない。

それに確認するのは、簡単だ。

ケーブルを入れ替えれば良い。

で、入れ替えてみた。

おお!ノートを1000で認識した!

メインは…

点灯しない!!!

お前かぁ!

20101106004

確認した所、7番ポートが故障していた。

でも他のポートは、みな正常だった。

分かり辛い故障の仕方だ…。(汗)

即行で交換しに行きましたとも!

ああ、近くの店で良かった♪

交換したハブは、きっちり動いております!

しかし、1000を7番ポートにつなげなければ
ハードの故障に気が付かなかったのだから
ラッキーだったのかも…。

…故障だと気が付けばね…。(汗)

もし、ギブアップで諦めていたら…。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

PS.

ハブにジャンボフレーム対応とあるので変更してみた。

が!逆に遅くなる結果になった。

速くなると思っていたので意外な結果。

ちなみにメインPCは、ジャンボフレームの値を
変更してもあまり影響しないようだ。

だがノートは、激遅くなった。

メインからノートに4.4GBをコピーすると2分半ぐらいで終了する。

メインからノートへのコピーにジャンボフレームは、あまり影響しないようだ。

だがノートからメインへ送る時が顕著で
ジャンボフレームの設定が
1514バイトだと3分…
4088バイトだと1時間…
9014バイトだと2時間…
ってジャンボフレームの値によって激変する。

理由は、良く分からない。

この時のCPU使用率は、数%なのでCPUが
足を引っ張っている訳でもなさそうだ。

もしかしたらこのネットワークチップが1514バイトで
最適になるように設計されているのかもしれない。

メインからノートへの転送時間と
ノートからメインへの転送時間との
桁違いのギャップから疑問に思って調べた訳だが…
送受信でこうも違うものかと吃驚。

ちなみにサブPCは、100なので比較対照としてコピーしてみた。
結果は、7分半。

3倍速い!

十倍とまでは行かないが十分速くなっている。

これで、キット楽になるに違いない…。

…多分。

|

« ギガ対応ポートスイッチングハブを買ってみた。 | トップページ | 『サントリーハイボール』を飲み比べて見た。 »

コメント

くしにょさん
基本的にこのメーカーは、信用して良いと思います。
個人的にこのメーカー好きですし♪

最近の出荷時チェックは、それなりなので
輸送時の振動とかで部品が外れたのかもしれません。

分解して中を見ようかとも思いましたが…
隠しネジになっていたので止めました。(笑)

今回、過信せず地道に原因を探る事が大事だと
改めて思いました。

まあ、これってデバッグにも通じるのですが…。(笑)

投稿: kouyou | 2010年11月 9日 (火) 10時32分

このメーカーのが壊れていたのは正直
意外でした。
結構安定した品質の会社さんだと思って
いたんで……。
新品でしかもハブとかだと壊れたとか
なかなか考えないですよね~

お疲れ様です!

投稿: くしにょ | 2010年11月 9日 (火) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/49976618

この記事へのトラックバック一覧です: 『SONY VAIO VGN-SZ55B』でネットワークが『1000BASE-T』にならない!?:

« ギガ対応ポートスイッチングハブを買ってみた。 | トップページ | 『サントリーハイボール』を飲み比べて見た。 »