« 非日常 | トップページ | 非日常で、できること »

2011年3月15日 (火)

非日常(その2)

福島原子力発電所』は、現在も危険状態。

ニュースでアメリカに炉心冷却の協力要請を行ったそうだ。

米、日本へ原子炉専門家を追加派遣

原発と言うノウハウ技術の塊に他国の技術者
もっと言えば、他社の技術者を迎え入れるのは
東電にとっては、嫌なはず。

でも、もうそれを言っている状態では無いと
言う事なのだろう。

現在野外で400ミリシーベルトを検出したそうだ。

20~30キロ屋内避難の指示が流れている。

このレベルは、微量放射性物質が噴出した際の対応かと。

メルトダウンしたなら数百キロレベルになると思っている。

東北から関東一円パニックになるだろう。

炉心停止まで気が抜けない。

早く停止まで持っていて欲しい。

官房長官枝野氏の詳しい情報を提供する姿勢は好感。

今後も逐次情報を提供して欲しい。

|

« 非日常 | トップページ | 非日常で、できること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/51125506

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常(その2):

« 非日常 | トップページ | 非日常で、できること »