« 様変わりした中野駅! | トップページ | 『木場公園』を眺めてみる。 »

2012年7月25日 (水)

「https」が「http」になってしまう!?

サーバーをSSL対応にしてみた。

設定はそれほど面倒では、無いのだが
自前で用意したSSLだとワーニングが出てうっとうしい。

そこで安いSSLが無いかと探したら

COMODO』の年間一万円の商品を見つけた。

暗号だけなら十分だ!

しかも『90日間無料 お試しキャンペーン』と
言うのがあったので試してみた。

ただ、ネットで評価を確認したらあまり良くないらしい。
承認のルートを持っていないらしいのだが…

まあ、動けばOKさ!(笑)

で、申し込んでみたのだが、初心者対応に驚いた!

そう!私は初心者だ!<エッヘン!

対応が丁寧と言うか、ポイントと言うか
詰まった所でアドバイスなどをしてくれる。

大きな問題点が2点あったが、アドバイスで乗り切った!

まさか、ここまでサポートするとは…
このサポートを期待して契約するのは有りと思った。

で、秘密鍵を間違って送ってしまう
素人でも、切り替えに成功した!

めでたし、めでたし♪

だが…

「https」でアクセスしたのに「http」に切り替わる。

そんな、謎な現象に悩まされる!

これでは、「https」にした意味が無い。

何か設定が不足しているようだ。

バーチャルサーバにしてるので、エイリアスで
色々細工しているから、何かが変換されないのかも?

ちなみに環境は、こんな感じ。

OS : CentOS 5
SSL: mode_ssl (OpenSSL)

バーチャルサーバのポートを
増やしていなかったので増やしてみる。

> vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost-myserver.jp.conf
以下を追加。
>><VirtualHost *:443
>>    ServerName myserver.jp
>>    DocumentRoot /home/myserver.jp/web
>>    ErrorLog /home/myserver.jp/logs/error_log
>>    CustomLog /home/myserver.jp/logs/access_log combined env=!no_log
>></VirtualHost>
> /etc/rc.d/init.d/httpd restart

駄目だった…。

もっと上流で、未設定があるのかも?

と見直したら、ポート設定をしている所があった。

> vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
>>NameVirtualHost *:80 ← 元々これ
>>NameVirtualHost *:443 ← 追記

で、無事「https」でアクセスできるようになった!

めでたしめでたし♪

なお、ファイル名など適当なので
脳内変換をしてくれ!

|

« 様変わりした中野駅! | トップページ | 『木場公園』を眺めてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/55272195

この記事へのトラックバック一覧です: 「https」が「http」になってしまう!?:

« 様変わりした中野駅! | トップページ | 『木場公園』を眺めてみる。 »