« 『Excel2010』で住所から郵便番号を求めるには… | トップページ | 『ドリップパック コーヒー ハイロースト』で一杯! »

2013年2月15日 (金)

『Windows8』で署名無効のドライバーのインストールをするには…

『Windows8』のドライバーがまだ公開されていない場合
『Windows7』のドライバーで済ませる必要がある。

所が『Windows8』での署名が無いためにインストールできない!

ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!

どうしてくれんだ!

仕事できねーじゃん!

___(T_T)______

でも、一応抜け道が用意されてた…。

でも、それを調べるのにえらい時間がかかったのでメモ。

その1.『詳細ブートオプション』の許可

署名が無いドライバーをインストールできるモードが用意されている。
このモードは、『詳細ブートオプション』から起動するのだが
『Windows8』では、初期設定で禁止されている。

これを許可するには…

1.『コマンドプロンプトを管理者として開く』
大抵、一人で使用している場合、その人は、管理者権限でログインしているだろう。
でないと、アプリケーションのインストールも出来ないからね。

ちなみに『コマンドプロンプトを管理者として開く』を
どうするのかが分からなかった…。
正直、こっからか!?と思うような所からだった。

20130214001

ボタンか?と思うようなボタン。

しかも、こんな所に露出しているのも…
良いのか?と思うのだが…。

20130214002

2.『詳細ブートオプション』の許可設定

プロンプトに以下のコマンドを入力。

bcdedit /set advancedoptions yes

成功すれば、その旨が表示される。

以下のコマンドで設定を確認できる。

bcdedit /v

その2.『詳細ブートオプション』の起動

『Shift』を押しながら再起動を行う。
メニューが表示されるまで、ずっと押している。

『オプションの選択』が表示されたら
『トラブルシューティング』を選択。

20130214003

次に『詳細オプション』を選択。

20130214004

『詳細オプション』では、『スタートアップ設定』を選択。

20130214005

『再起動』を選択。

20130214006

再起動すると、暫し待たされる。
で、ようやく目的の『スタートアップ設定』画面に!

20130214007

『7』キーを押すと起動を開始する。

長かった…。(T_T)

色んなサイトに他のやり方とか、書いてあったが
正解を見つけるまでが、結構かかった…。

ドライバーをインストールするとこんな警告が表示されるが…

20130214008

気にせずインストール!

無事、インストールできました!

20130214009

お陰でアンドロイドのデバッグが可能に!(T_T)

他にもキット俺のように困っている人が居るに違いないので
ここに、置いておく。

|

« 『Excel2010』で住所から郵便番号を求めるには… | トップページ | 『ドリップパック コーヒー ハイロースト』で一杯! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/56768221

この記事へのトラックバック一覧です: 『Windows8』で署名無効のドライバーのインストールをするには…:

« 『Excel2010』で住所から郵便番号を求めるには… | トップページ | 『ドリップパック コーヒー ハイロースト』で一杯! »