« 『ハモニカ横丁ミタカ プレオープン』終了! | トップページ | 難読化のトラブル『Proguard returned with error code 1. See console』 »

2013年3月18日 (月)

『Android』の開発環境が劇的に変わったので、改めてインストールしてみた…

『Windows8』をインストールしたので
改めて『Android-SDK』をインストールしてみることにした。

そしたら、開発環境がガラリと変わっている…。

超簡単になっているので、改めてインストール方法を書いてみよう…。

最初に『Java SDK』をインストールする。

Java SE Downloads』から、『JDK』をダウンロードする。

20130315001

この画面の下に選択しが出ている。『JDK』をクリックする。

20130315002

『Java SE Development Kit 7 Downloads』の画面が出てくる。
下にリストがある。

20130315003

『Accept License Agreement』にチェックすると
ダウンロードできるようになる。

20130315004

『Windows x86』か『Windows x64』かは、
使用しているOSによる。

20130315005

で、『jdk-7u17-windows-x64.exe』が
ダウンロードされるのでインストールする。。

次に『Android SDK』は、

こっちからダウンロード。

Get the Android SDK

20130315006

下の方にボタンがある。

20130315007

『Get the Android SDK』の次の画面が現れる。

20130315008

下の方に選択肢がある。

20130315009

『Ihave read and agree with the above terms and conditions』にチェック。
あと、OSで『32-bit』と『64-bit』を選択する。
で、『Download the SDK ADT Bundle for Windows』をクリックすると
『adt-bundle-windows-x86_64-20130219.lzh』がダウンロードされる。

今回嬉しいことに64ビットの『JDK』に対応。
以前は、64ビットOSでもアンドロイドの開発環境が
32ビット『JDK』を必要としていたのでインストールする必要があった。
しかし、今回は、32ビットをインストールする必要が無い!

解凍して適当な処に置く。

基本的には、Cドライブ直下に置くのが良いと思う。
フォルダー名を『android』に変更し、『eclipse.exe』を起動する。
多分『C:\android\eclipse\eclipse.exe』になるはず。

すると、タイトルロゴが…

20130315011

今までと異色ののデザインだ…。

途中聞かれるワークグループには、『..\workspace』としておく…。

20130315012

で、起動したと思ったら…

『Contribute Usage Statistics?』て聞いてくる。

20130315013

「バグが出たら送信してアプリケーション改善に協力する?」
って意味らしい。

「後で設定画面の『Android』から変更できますよ」とも書いてあるので
好みで選択して『Finish』をを押す。

『Welcome!』が出ているので速攻で閉じる。

20130315014

で、エンコ-ドの設定。
メニューの『Window -> Preferences』を選択。

20130315015

『General -> Workspace』を選択。
『Text file encoding』で『Other:』で『UTF-8』を選択し、
『Apply』をクリックして、『OK』をクリック。

20130315016

これで、文字化けなどの苦労から少しだけ楽になると思う。

後は、『Android』のライブラリをダウンロードして準備完了!
『Window -> Android SDK Manager』を選択。

20130315017

開発する予定のバージョンを選択する。
試しに全部有りで、『Install 58 packages...』をクリック。

20130315019

※『Google TV Addon』が外しているのは、インストールに
不具合が生じるから。

『Accept Licensc』をチェックし『Install』をクリック。

でインストールが開始される。

20130315020

結構、時間がかかるので、コーヒーブレイクする。

42分ほどでダウンロード終了。

しかし、競合しているのか一回でストールされないものがある。

20130315021

再度、インストールをかける。
ちなみに、1バージョンづ読み込ませると良いと思う。
最終的には、『Android 3.1 (API 12) -> Google TV Addon』が残る。

なぜ、インストールできないのに項目として表示されているかは、謎だ…。

そして、インストールする内容を反映させるために
メニューから『File -> Restart』で設定は、すべて終了。

20130315022

こんな物も表示されるが、チェックを入れて
再表示されないように『OK』を押して終了。

20130315023

これで実際にアプリケーションを製作するのに困らないはず。

実は、『eclipse』には、『難読化』機能が標準で搭載されている。
ところが、上手く動かないので、今回『Windows8』にインストールして
動作の確認を行う必要がでたのだが…
あまりに、変わったので再度掲載し直した。

これからアンドロイドのアプリ開発を始めるだろう誰かの
参考にでもなれば、幸いだ。

|

« 『ハモニカ横丁ミタカ プレオープン』終了! | トップページ | 難読化のトラブル『Proguard returned with error code 1. See console』 »

コメント

記事のネタ捜しに、苦労されていませんか。もしそうでしたら、記事のネタ捜しが楽になるツールがあります。このツールは動画をランダムに選び出すソフトなのですが、日本を含め、ヨーロッパ、アジアなど世界中の動画の中から選び出すので、斬新なアイデアや、新しい記事のためのネタ捜しができます。問題はパソコンの性能です。ルーレットで使われる単語数は2万語、外国語数は33言語、検索される動画数は数知れず、しかも新しい動画がスマートフォンの普及と共に次々とアップされるので、一生使えるツールです。私のパソコンでは、スラスラと動画が動かないので、ストレスだらけなのですが、動画がスラスラ見れるパソコンをお持ちの方は、一見の価値があります。
「Video Roulette Start」
http://owlsunflower.com/en/01/index.html

投稿: ゆい | 2013年3月22日 (金) 11時03分

コメントどうも♪

俺からは、これしか言えない…

ガンバレ!

投稿: kouyou | 2013年3月21日 (木) 22時20分

ありがとうございます。役にたちました!

けっこうEclipseやSDKはインスト方法やDLサイトが変わるみたいで、参考にしたサイトや本と違って戸惑うことが多いです。最新情報があると助かります。

本家の方ではなくPleiadesでインストしてたのですが、すこし前からEclipseの更新をしようとするとエラーが出て更新できませんでした。結局BugFix版が出ていたのでそれで解決したのですが、開発ツールは難しいですね。

投稿: ねこた | 2013年3月20日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/56975095

この記事へのトラックバック一覧です: 『Android』の開発環境が劇的に変わったので、改めてインストールしてみた…:

« 『ハモニカ横丁ミタカ プレオープン』終了! | トップページ | 難読化のトラブル『Proguard returned with error code 1. See console』 »