« 秋葉原の芳林公園改修中… | トップページ | 御徒町駅で見かけた働く重機 »

2013年3月27日 (水)

『ARROWS X F-10D』のGCは、厳密が好きらしい。

ARROWS X F-10D』をチョット扱う機会があった。

カメラアプリなので、画像を扱使うために
大容量のメモリーを作っては消すことになる。

『ARROWS X F-10D』だと他の『Android』で
起きないハングアップが起きる…。

それは、それは、不幸のどん底に…。(T_T)

調べると、メモリーリークが発生している。

正直、訳が分からない…。

高性能なくせに何故に昔の機種より劣る?

JAVAでメモリ解放は、GCに任せればOKとの記載が多い。

でも、どうやら、これには当てはまらないらしい。

GCが期待通りに動作しないのは、致命的だ。

で、こんな風なソースは、お嫌いらしい。

Bitmap bitmap = null;
for(i=0;i<count;i++) {
...
bitmap = drawable.getBitmap();
bitmap = Bitmap.createScaledBitmap(bitmap, img_width, img_height, true);
bitmap_list.setImageBitmap(bitmap);
}

こう言うのが好みらしい、

Bitmap bitmap = null;
for(i=0;i<count;i++) {
...
bitmap = drawable.getBitmap();
bitmapA = Bitmap.createScaledBitmap(bitmap, img_width, img_height, true);
bitmap_list.setImageBitmap(bitmapA);
bitmapA.recycle();
bitmapA=null;
}

試しに、付属のカメラで連続撮影するとメモリーの動向が怪しい…。

多分、『Google Play』から、アプリケーションをダウンロードしなければ
快適に使えるに違いない。

でも、『Google Play』から、アプリケーションをダウンロードすると
多分不幸になる。

正直、これは、買いかと聞かれれば、

『ダメでしょう』

としか言えない。

プラットフォームが正常に動作しないのだから、しょうがないでしょう。

ただ、アップデートで解消する可能性は、ある。

ただ、それなら元々、こんな不具合は、修正して出すだろう。

まあ、想像だけど

4コアCPUが多分不具合の原因だと推測している。

付属のアプリケーションは、ハードの不具合を何とか吸収するよう
プログラマーががんばって調整して販売に漕ぎ着ける。

でも、『Google Play』のアプリケーションは、そんな事は知らないので
ハングアップが多分発生する。

まあ、推測なので違っている可能性もある。

正確な所がわかる人が居たら教えてほしい。(笑)

|

« 秋葉原の芳林公園改修中… | トップページ | 御徒町駅で見かけた働く重機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/57047032

この記事へのトラックバック一覧です: 『ARROWS X F-10D』のGCは、厳密が好きらしい。:

« 秋葉原の芳林公園改修中… | トップページ | 御徒町駅で見かけた働く重機 »