« エクセルのロックがかかっているかを簡易に知る方法 | トップページ | 『Windows』で半角カタカナを入力したい! »

2014年11月28日 (金)

『-』は、マイナス?ハイフン?何故呼び名が変わるのか?

とあるプログラマーが『-』を『ハイフン』と呼ぶ。

自分は、『-』を『マイナス』と呼ぶ。

『ウィキペディア』では、『ハイフンマイナス』と説明。

元々、異なる使用方法の記号を一つにしたもの。

では、どうして差ができるのか?

プログラムでは、基本『-』を『マイナス』としてしか使用しない。

ラベル名などに『-』を含むことが出来ない。

つまり、『ハイフン』として、基本的に使用できない環境。

よって、『ハイフン』無し。

となると、基本英文を使用する人たちでは、『-』をハイフンとして
使用するだろうから、そちらの流れかと思われる。

この辺の文化は、トッププログラマーが
どのように考えているかでも変わるだろう。

メインプログラマーが、『-』を『マイナス』と呼べば大抵、『マイナス』に。

メインプログラマーが、『-』を『ハイフン』と呼べば大抵、『ハイフン』に。

「会社によって命名規則も厳しかったりする。」ともあるが、
これも、基本トップの意向が色濃く出るのでは?

何て、思う今日この頃…。(笑)

|

« エクセルのロックがかかっているかを簡易に知る方法 | トップページ | 『Windows』で半角カタカナを入力したい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/60734486

この記事へのトラックバック一覧です: 『-』は、マイナス?ハイフン?何故呼び名が変わるのか?:

« エクセルのロックがかかっているかを簡易に知る方法 | トップページ | 『Windows』で半角カタカナを入力したい! »