« 『いずみ書房株式会社』を見つけた! | トップページ | 『赤札屋』で一杯♪ »

2015年2月11日 (水)

かなり凄い!『ミタカ・オルゴール館』!!!

三鷹駅から南西にあるビルの3階に
奇妙な物が出来たので、見に行ってみた。

ミタカ・オルゴール館

20150207001

何となく、オルゴールを展示していて
小物のオルゴールでも販売しているのかな?

と、博物館的な物を連想。

しかも、そんなに広いスペースでもない…。

20150207002

まあ、機構など機械が好きなので、それを見たかったりする。

で、行くと、館内に客がいない…。

チョット寂しい…。

すると、案内人登場。

詳しく聞きませんでしたが、多分館長さん。(汗)

館内のもっとも古い1830年ごろの
オルゴールから説明を開始!

音響板の有る無しで、音の大きさが、まるで違う!

など、基本的な説明から始まり…

当時、時計職人がベルの発展形として
音楽を奏でる機構として開発。

やがて、時計から独立して
音楽を奏でるオルゴールとして発展したとか…。

シリンダータイプのオルゴールは、
技術が高すぎて、量産できないとか…

1つのシリンダーで複数の曲を奏でられるオルゴールとか…。

やがてディスクタイプのオルゴールが量産されたとか…。

ちなみにディスクタイプは、ディスを交換する事で
幾らでも音楽を奏でる事ができる。

このディスを製作する業者が居て
新しい曲を作成して、演奏えお聞かせて貰た。

兎も角、聞けば聞くほど、色々教えてくれるので面白いです。

で、驚いたのが!!!

展示されている全てのオルゴールが実演可能!

メンテナンスは、どうやっているんだろう!?

壊れた部品は、手に入らないので、作らなくてはならない。

機械としてきちんと動くのと同時に
曲として、キチンと聞けなくてはならないので
櫛部分のメンテナンスとかが、物凄く大変そう…。

で、聞いたみたら、やっぱり大変だとか…。

結構、かかるそうです。

なので、それから考えると、入館料は、破格に安いかも…

中でも、『スタインウェイ』の『リプロデューシングピアノ』…
簡単に言うと自動演奏ピアノ。

しかも、著名な演奏家のタッチを再現しているそうだ。

これは、キチンと動作させるためには
ピアノの調律と自動演奏機構の整備。

しかも、あの『スタインウェイ』…。

年に数回、メンテと調律だそうだ…。

これまた…。

で、実演してもらった。

実際に聞くと凄い!!!

一曲、味わいながら聞きましたよ。

惜しむらくは、自動演奏機構の動作音が
意外に大きい事…。

ポンプ音がね…。

巨大な『コメットW』と言うオルゴールは
2枚のディスクを同時に奏でる、

多分、オルゴール初のステレオ演奏なのでは?

兎も角、展示されているオルゴールを
順番に演奏しまっくってくれました。

有難うございます♪

兎も角、長く居れば長く居るだけ楽しめる
そんな所でした!

誰かを連れて行ってみたい!(笑)

|

« 『いずみ書房株式会社』を見つけた! | トップページ | 『赤札屋』で一杯♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/61142807

この記事へのトラックバック一覧です: かなり凄い!『ミタカ・オルゴール館』!!!:

« 『いずみ書房株式会社』を見つけた! | トップページ | 『赤札屋』で一杯♪ »