« デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その3) | トップページ | デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その5) »

2016年4月14日 (木)

デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その4)

所で…

何でデスクトップ上のフォルダーを消してしまったか!

ドラッグアンドドロップとかでは、無い!

それは、『バッチファイル』だ!

個人的に、色々な自動操作をバッチファイルで行っている。

これが、今回!

仇となったぁ~!

例えば、ZIPファイルの自動解凍のバッチファイルに
こんな物を使っていた。

----------------<!u.bat>----------------
@ECHO OFF
DIR /b *.zip | sed "s/^/call !u-s \"/g; s/$/\"/g" >  !usx.bat
CALL !usx.bat
DEL !usx.bat
DEL !us
----------------------------------------
---------------<!usx.bat>---------------
@ECHO OFF
"C:\Program Files\7-Zip\7z.exe" l %1 | sed "/ D\.\.\./!D" >!us
FOR %%I IN (!us) DO SET SIZE=%%~zI
IF %SIZE% == 0 (
ECHO NO FOLDER : %1
"C:\Program Files\7-Zip\7z.exe" e -y -o"%~n1" %1>NUL
) ELSE (
ECHO IN FOLDER : %1
"C:\Program Files\7-Zip\7z.exe" x -y %1>NUL
)
----------------------------------------

ZIPファイルをフォルダーに以下の
バッチファイルと一緒に入れて
『!u.bat』を実行する。

これを説明すると長くなる…。

チョコット説明するが、分からない所は、
グーグル先生に聞いてみてくれ!

『@ECHO OFF』は、実行結果を出力しないコマンド。

『DIR /b *.zip』でフォルダー内の『*.zip』を検索する。

『/b』は、ファイル名のみの出力指定。

『/?』でヘルプが出るので、確認してみて。

『|』は、パイプ。

標準出力を次のアプリに渡す。

『sed "s/^/call !u-s \"/g; s/$/\"/g" 』

の『sed』は、非対話式ストリーム・エディター。

その後ろのスクリプトに沿って変換して出力する。

例えば、『xxxx』と入力されると
『call !u-s "xxxx"』と変換して出力される。

『>』は、リダイレクト。

標準出力をファイルに出力する。

最終的には、『!usx.bat』に入る。

『CALL !usx.bat』で『!usx.bat』で実行する。

つづく

|

« デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その3) | トップページ | デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/63559339

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その4):

« デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その3) | トップページ | デスクトップ上のフォルダーを削除してしまいった!(ノД`)・゜・。(その5) »