« 『旨辛ラリーコンプリート』です! | トップページ | 久しぶりに『国立科学博物館』に行ったよ! »

2017年9月 3日 (日)

国立科学博物館の『深海』に行ってみた!

上野で友人と飲むことに。

で、ついでに『国立科学博物館』でもみようって事に。

特別展示は、『深海』だった。

20170902001

一人は、仕事柄博物館に良く来るが、特別展は、入ったことがないとの事。

ならば、これも見ようとの事に!

結構な人だが、30分ほど待ったろうか。

まあ、すんなりとは入れたと思う。

最初の展示コーナーは、深海生物の標本がズラリと並んでいる…。

説明書きも小さくて細かいので皆さん頑張って読んでました。

なので、動かないお客さん…。(汗)

仕方がないので、適当に後ろから覗いて次に…。

スペースの問題もあるのだろうが、もう少し情報を薄めて
人が流れ易いと良いなあと思う…。

高さがさ腰当たりの展示物は、人込みで埋もれるので
少なくても胸ぐらいの高さに展示を集めると後ろからでも
見易いので、そうして欲しいな…。

初めの方に展示してある、『試験耐圧殻』。

20170902002

水圧ってこわー!

ちなみに、そばに深度によって圧縮される様を
ブタメン』で行った試験結果が並べてあった。

『何故、ブタメン?』と疑問しきりの友達…。(笑)

個人的にここは、『カップヌードル』では…?

まあ、この辺は、研究者の趣味なんだろうと心の中で結論。

進んでいくと係員が盛んに紹介しているのがこれ。

ラブカ

20170902003

余りに客の目が行かない所に鎮座している…。

係員が紹介するまで気が付かなったよ。

ちなみに模型かと思ったら剥製だそうだ。

魚の剥製ってあるんだと吃驚。

実物大、ダイオウイカ。

20170902004

こちらは、模型。

いや、デカいですね…。

海で会いたくないです…。(笑)

地球深部探査船『ちきゅう』で利用されているコアビット。

20170902005

意外に小さい…。

でも、良く考えたらこれにつなげるパイプも太いと
数千メートル分も積めないし、サンプルとして取る量とか
勘案してこのぐらいの大きさになったのかな?

約900m掘削したビットとあるが、全体的に摩耗している。
ねじの頭のように付いている部分が焼結ダイヤモンド(PDC)らしい。
ダイアモンドが削れるってどれだけ硬いのだろうか?

それを回すモーターも動力をつたえるパイプも凄いなぁ~。

先に進むと『津波堆積物の剥ぎ取り』が縦長に展示。

20170902006

しかし、その横のピクトグラムが爆笑!

20170902007

『肩車禁止』って初めて見た!(笑)

友達と大うけ!(爆)

目の前は、ガラスでガードしているが、上は開いているので
肩車して剥ぎ取りを触られるのを禁止したいのだろう。

でも、笑った。

最後の方に『深海6500』の耐圧殻の模型が展示。

20170902008

『縮尺:3/2』とある…。

あれ?拡大しているの?

20170902009

まあ、案内図には、この中に大人3人が座るらしい。

当然トイレもない…。

友人に聞いたら『おむつだよ。』との事…。

尿瓶では、無いのか…。

でも、おむつも進化しているので、今ならおむつの方が衛生的か。

まあ、きっと中で過ごす人にとっては、目の前の事の方が重要で
おむつは些細な問題なのだろう。

…多分。

最後にこのイベント限定のプレミアムガチャ!

2017090200a

『深海』展だけに海洋堂なんですかね?

ゲットしたのは、アゴヌケホシエソ。

2017090200b

デメニギスが欲しかった…。(笑)

深海生物の標本など多数見れましたし、地震などの仕組みなど
深海の情報をまとめて見れて楽しかったです。

生き物以外でも深海を探るための道具なども楽しいし♪

身近で最も遠い深海を知るのには、良いかも。

不思議が好きな人には、お勧めです♪

|

« 『旨辛ラリーコンプリート』です! | トップページ | 久しぶりに『国立科学博物館』に行ったよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108365/65769350

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館の『深海』に行ってみた!:

« 『旨辛ラリーコンプリート』です! | トップページ | 久しぶりに『国立科学博物館』に行ったよ! »