2019年6月19日 (水)

『本鈴』のようなものを作れないか?と相談された…

最初、時間が来たら音で知らせるものが欲しいんだけど…。

例えるなら、学校の予鈴や、本鈴のようなもの…。

との事。

で、目覚まし時計でできないかな?

流石に目覚まし時計は…。

まあ、折角PCがあるのだから、これで鳴らせば良いんじゃね?

って事で、色々アプリを探してみた…

が!

無い…。

時報ならあるが、ちょっと違う…。

余りにも、単機能だからか?



だったら自分で作ってしまうか?

と、考えた時に…

そうだ!

スケジュールでキックしてバッチで鳴らせば、良いんじゃね?

そう、『Windows』には、『スケジュールタスク』と言う便利な機能があったんだ!

…使った事、無いけど…。

で、色々検索したら音を鳴らすのにこちらを参考にした。

ちょっとだけ VBS(VBScript)を紹介 音の連続再生

メモ帳を開いて以下のソースを『alerm.vbs』に保存する。

----------------------------------------
Dim wmp
Set wmp = CreateObject("WMPlayer.OCX")
wmp.settings.volume = 100 '音量設定、希望の音量にして下さい。
wmp.URL = "C:\Windows\Media\Alarm06.wav" '再生するwavファイルパス
For i=1 To 5
wmp.Controls.play()'再生
Do
WScript.sleep 5 '5秒待ってみる
Loop Until wmp.playState = 1 '再生中が終わるまで繰り返して待つ
wmp.Controls.currentPosition = 0 '冒頭に巻き戻す
Next
----------------------------------------

その『alerm.vbs』をダブルクリックすると音が鳴る。

何より『VBScript』なので、『DOS窓』を開かないのが良い!

で、目的の一つは、終わった。

後は、スケジュールタスクを作れば終了。

それは、こちらを参考。

タスクスケジューラの基本的な使い方(Windows 7/8.x/10編) (1/2)

で、本鈴が鳴るように出来ました。

余りに簡単に出来てしまった。

色々悩んだのが何だったのだろう…。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

『AI』って色々ニュースになっているけど…

色々Aiについてニュースで取り上げ揚げられているが…

個人敵には、それらって、SFだなぁ~

って思ってしまう。(笑)

チョット目的があってAI関連の本をいくつか買ってみた。

画像認識の本とか買ってみたけれど…

正直難しい…。(笑)

Excelでわかるディープラーニング超入門』は、良かった。

まあ、AIを動作させる環境として普及している『Excel』を
使用しているので手軽。

『Python』より環境をそろえたり、編集したりするのが、超簡単。

いや、何でもできるね『Excel』!
あんだけ高いのもチョット納得した。

で、AIは、、基本的には、与えられた情報から、目的に収束する何かを見つけ出す。

例えば、『1』と言う文字を『1234567890』から見つけ出す

つまり、『1』には、収束するが他は、収束しない傾向に収束させるだろうか。

兎も角、AIは、まだまだ実験段階だろうとの事。

販売促進にAIの字は。躍るだろうが…。

兎も角、生きている内には、実用化されないと思っていたりする。

でも、AIのニュースは、斜めに眺めて楽しむよ♪

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

『システムは3つのウイルスに感染しています』って!メッチャムカつく詐欺サイト誘導!

MSM Japan』のニュースを見ていたら突然こんな画面が表示された!

システムは3つのウイルスに感染しています

Ax

マクロソフトっぽい画面だが…

アドレスバーには、全く知らんURLが…。

http://ucoccupy.online/ln/4SQdGD………

間違いなくマイクロソフトとは、全く関係のないサイトだ!!!

こんなものが出たら、PCの再起動をしよう!!!

PCの電源を切るのだ!

大抵は、そのままお亡くなりになって悪さはしない。

間違っても、その画面の何かをクリックしてはいけない!!!

不幸になりたくなければ!!!

さて、『ucoccupy.online』って何?

って訳で、グーグル先生に検索したら…

こんなものが出ました…。

000_1

最初のリンクは、思いっきり詐欺サイトです…。

直接リンクをクリックせず、『このページを訳す』で閲覧してみました…。

開いて1秒後には、閉じました…。

まあ、引っかからないで下さい。

こんなので、時間も労力もお金も消費しないよう願っています。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

『Micro USB』と『iDock』変換ケーブルを買ったよ♪

 

『iDock』コネクタのケーブルが草臥れてっ来た…。

なので、新しい『iDock』コネクタのケーブルを買いたかった。

で、秋葉原でこれを買った。

『Micro USB』と『iDock』変換ケーブル

20190505001_3

何せ100円しなかったので、衝動買いです!(笑)

まあ、使っているので良しとしましょう♪

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

『excel』の『令和』サポート…

『excel』で『令和』を使用したいのだがどうしたら良いの?

と、と合わせがあった…。

俺のことろでは…

まずセルに『2019/5/1』と入力。

001

そのセルを右クリックして『セルの書式設定』を選択。

002

『セルの書式設定』で『西暦』を『和歴』に設定。

003_1

更に種類を『平成13年3月14日』を選択すると『令和1年5月1日』と表示される。

004

『OK』をクリックするとちゃんと『令和1年5月1日』と表示された。

005

なので、出るよと回答…。

でも、そいつのPCでは、出ないとの事。

『WindnowsUpdate』をしていないと勿論対応しないので
『WindnowsUpdate』をしろ!って言っておしまい!

しかし、何が対応しているのか気になるので…

他の人に『令和』が表示するかを聞いてみた。

しないやつがいたので、『WindnowsUpdate』をしてもらったら

2019-04 x64 ベース システム用 Windows 1o Version 1809 の累積更新プログラム(KB4495667)

ってのが出た。

20190509001

これのインストールが終了したら『令和』が使えるようになったので
これが和歴を更新するアップデートと判明。

もし、『令和』が使えなかったら『WindowsUpdate』をしよう!

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

最近のブログの入力画面が変わった!

最近のブログの入力画面が変わったのだが…

使いづらい!

2000

特に画像の追加なんだけど…

追加した画像が右側にリスト化して表示される…

003

しかし、特に順番が無いんだよね…

間違えてアップするかも…。

以前は、個別に場所を指定してアップしたていたので
間違えが殆ど無いのだが…。

この辺何とかならないかな?

と、思う今日この頃です…。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

たまにブルースクリーンを食らいます…。

たまにこうなる…。

20190312001

https://www.windows.com/stopcode

UNEXPECTED_STORE_EXCEPTION

どうやらウインドウズアップデートで何かあると
こうなるようだ…。

何が何でって分かんないので防ぎようがないのだが…

システムログでイベントを確認するとウインドウズアップデートの記載が…。

まあ、これが出ているのは、『Windows7』から『Windows10』に
アップデートしたのが原因だろうか?

まあ、他でも色々ウインドウズアップデートで問題が発生したりするので…

対策として気が付いたら、アップデートを行う事をしているのだが…

何で、アップデートするのかね?

まあ、アップデートしない設定ってのもあるけど…。

まあ、不具合があるのなら、先に知っている方が
都合が良いんだけどね…。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

『Visual Studio 2017』で『OpenGL』を使うには…

Visual Studio 2017』で『OpenGL』を使うのに
『Nugetパッケージ』を利用する便利な機能があるのだが…

これは、『OpenGL1.10』専用なので他のバージョンを選択できない。

なので、それ以外のバージョンを使用するには、結局
『glsdk_0_5_2.7z』を使用することになる…。

何てこった!

で、使用方法が、結構面倒。

この辺が記載されたのが無いか検索したのだが無かった。

なので、自力で調べたので時間がかかった…。

他の方のサイトなんですが…

まずは、こちらを参考に『OpenGL』のアプリを作成。

VS2017でOpenGLとGLUTを使う手順

で、まず、『glsdk_0_5_2』の準備。

『『OpenGL』のダウンロードサイトが様変わり…』を参考に
『glsdk_0_5_2』をダウンロード。

1.『glsdk_0_5_2.7z』を解凍する。

2.解凍した『glsdk_0_5_2』フォルダーの中の『glsdk_0_5_2』フォルダーを『C:\』に移動する。
  ※『glsdk_0_5_2』の中に『glsdk_0_5_2』が無い場合は、そのままコピーする。

3.『C:\glsdk_0_5_2\freeglut\VisualStudio2008』に移動する。

101

4.『freeglut.vcproj』をダブルクリックする。『Visual Studio 2017』が起動する。

104

5.『OK』をクリックする。すると、何か進行を表すバーが伸びる。
  終了すると『変換レポート - freeglut』が表示される。

105

  ざっと見るとエラーが無いので良しとする。
  ブラウザは、閉じる。
  『Visual Studio 2017』は、閉じないので注意。

6.『Visual Studio 2017』の『Debug』を『Release』に変更。

106

7.メニューの『ビルド』から『ソリューションのリビルド』を選択する。

107

  『出力』の所に
  『========== すべてリビルド: 8 正常終了、0 失敗、0 スキップ ==========』
  って出て、完了。

この作業を見つけるのにハマった…。
よもやソースからライブラリを作るとは…。
道理でパッケージの中にライブラリが見つからない訳だ…。

『Nugetでパッケージのインストール』は、行わないプロジェクトの作成。

ソースのインクルードを以下のように変更。
----------------------------------------
#include <windows.h>
//#include <GL/gl.h>
//#include <GL/glut.h>
#include <GL\freeglut_std.h>

void disp(void) {
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);
    glBegin(GL_POLYGON);
    glColor3d(1.0, 0.0, 0.0);

----------------------------------------

005_2

2.プロジェクトのプロパティを開く。

001

3、『構成プロパティ』の『VC++ディレクトリ』を選択する。

002

4.『インクルードディレクトリ』と『ライブラリディレクトリ』にそれぞれ
  『C:\glsdk_0_5_2\freeglut\include』と
  『C:\glsdk_0_5_2\freeglut\VisualStudio2008\Release』を
  入力する。

003

004

5.登録すると2か所に『C:\glsdk_0_5_2\freeglut\~』が記載される。

006

  ※『Relese』でのコンパイルを行う場合には、同し設定を『Release』にも行う。

7.最後に『C:\glsdk_0_5_2\freeglut\VisualStudio2008\Release\』から
  『freeglut.dll』を実行ファイルの場所にコピーする。
  デバッグなら『~\OpenGL_Sample\Debug』に、
  リリースなら『~\OpenGL_Sample\Release』にコピーする。

8.コンパイルした後に実行で…
108

まあ、メモです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

『たのしいバイナリの歩き方』を買ってみた。

この本を買おうと思ったのは、紹介文で以下の文章ががあったからだ。

>それは「プログラミングがおもしろかったから」。

興味があったら以下のサイトを参照してみて欲しい。

『はじめに』の全文が記載されている。

たのしいバイナリの歩き方

20181027001_2

ああ、この人好きかも…。(笑)

因みに、これを読んで楽しい人は、
結構アセンブラに親しんだ人と思うので…

タイトルは、どうかと思うが…。

兎も角、アセンブラをかじったのなら読んでみても良いかも?

でも、一回で読み切れないので何回か読むか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

『OpenGL』のダウンロードサイトが様変わり…

前回記載した『『OpenGL』ってどこからダウンロードすればいいの?』に

コメントが付いた…。

>ダウンロードできません。

記事を記載したのが7年ほど前…。

よもやのコメントが付いたので、改めて見直したら

サイトがガラリと変わっていた。

以前より遥かに分かり易くなっていた!

吃驚!

ので、更新です。
因みにサイトのアドレスは、変わっていない。
『OpwnGL』のトップページ
『OpwnGL』のダウンロードのページ

OpenGL Software Development Kit - Browse Files at SourceForge.net

『『OpwnGL』のダウンロードのページ』に移動すると…

デザインが、一新されていた…。

現在の画面は、これ。

20181027001_3

ダウンロードするには、『GLSDK 0.5.0』をクリックする。

20181027002

次の画面で『glsdk_0_5_2.7z』をクリックする。

すると次の画面で『Your download will start shortly...』の
数値が0になるとダウンロードスタート。

20181027003

でどうするかダイアログが表示される。

20181027004

基本『ファイルを保存する』を選択する。

20181027005

で、ダウンロードが終了すると
『Thank you for downloading OpenGL Software Development Kit』
って画面が表示されて無事ダウンロード終了。

20181027006

因みに『.7z』は、『7ZIP』での圧縮ファイル。
こちらから解凍ソフトをダウンロードしてインストール。

7ZIP

で解凍です。

しかし!

『visual studio 2017』には、『OpenGL』のライブラリを
自動でインストールする機能が追加されていた!

VS2017でOpenGLとGLUTを使う手順

写真も沢山あって、とっても分かり易い。

『visual studio 2017』なら迷わずこちらを使おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧