2018年6月21日 (木)

これは、凄い!『クイックアシスタント』スゲー便利!!

PCの具合が悪んでけど見て欲しいんだけど…。

って時に近いなら行って何とかできるのだが…
数時間かかる所だと気軽に行けない。

そんな時に『リモートアシスタンス』なんかを使うのだが…
手順が面倒!

それが、何と簡単に使える機能がいつの間にか標準で付いていた!

それが『クイックアシスタント』!

2016年7月に提供された『Windows 10のAnniversary Update』からだそうだ。

大型アップデートでアップデートに数時間かかったけ…。

よもやこんな隠し玉があるとは…。

使ってみるとメッチャ便利!

これは、良い!

って訳で使い方は、以下の通り。

最も『支援を提供する』と『支援を受ける』の2つあるので
『支援を提供する』をA、『支援を受ける』をBとする。

『スタートボタン』をクリック『Windows アクセサリ>クイックアシスタント』で起動。

001001

A.『支援を提供する』を選択。

すると、A.『サインイン』でアカウントを入力。

001002

※『支援を提供する』するには、マイクロソフトアカウントが必要なので取得する。

※ただし、『支援を受ける』方は、必要ないよ。
これは、地味にありがたい!

A.『パスワード』を入力。

001003

で、A.『セキュリティコードを共有する』が表示されるので
Bにセキュリティコードを伝える。

001004

さて今度は、『支援を受ける』方だが。

『スタートボタン』をクリック『Windows アクセサリ>クイックアシスタント』で起動。
002001
B.『支援を受ける』を選択。

B.『コードを入力してください』が表示される。

002002

大抵電話で対応すると思うので、コードを電話で伝える。

コードを入力してB.『送信』ボタンをクリックする。

するとB.『画面を共有する』が表示される。

002003

B.『許可』をクリック。

以上でリモートデスクトップができるようになる。

この時、『リモートデスクトップ』と異なり画面が両方で見える。
マウスも両方で反応するので、カーソルの取り合いになるので
電話で「暫く触らないで」など伝えるのは、必要。(笑)

A.『クイックアシスタント』が表示される。

001011

終了するには、右上の『×』をクリックするだけで良い。

双方に以下の画面が表示される。

『画面の共有が終了しました』が表示される。

002100

『クイックアシスタントにどのぐらい満足しましたか?』が表示される。

002101

私は、特に書いていません。

『閉じる』で終了です。

かなり便利です!

ただ、出来ない事は、AとBの間でコピーアンドペーストが出来ない…。

クリップボートのやり取りやファイルのやり取りができないのは、
結構面倒な場合がある…。

多分『Skype』を使えって事かも…。

簡単な方法を検討しよう…。

取り合えずトラブルを電話で対応するより、
『クイックアシスタント』の方が遥かに楽!

なので、お勧めです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

バッチファイルで昨日の日付を得たい!

バッチファイルで、昨日バックアップしたファイルをダウンロードする処理を作りたい!

で、バックアップファイル名には、日付を使っているので…

昨日の日付が欲しいのだ!

バッチファイルだと現在の日付は、すんなりと取得できるのだが…

それ以外の日付を取得する処理がサポートされていない…。

で、組み込みの処理を検索すると…

メッチャ面倒!

特にうるう年の処理などが複雑にしている…。

出来れば、その辺もフォローした処理で一発で結果が欲しい…。

実は、それができるのが『PowerShell』!

でも『PowerShell』で処理を作りたくない!

何てワガママなのでしょう!(笑)

って訳で日付の計算だけを『PowerShell』に任せて他は、バッチ!

ってのを組んでみる事に!

どうやったらできるかな?

特にデータのやり取りをするんだ?

そうだ、データのやり取りにファイルを介せば何とかなるかも…

確かにDOS窓から『PowerShell』を実行できるし…。

って作ってみた。

test.bat
----------------------------------------
@echo off
call powershell -Command "(Get-Date).AddDays(-1).ToString(\"yyyyMMdd\")">$.tmp
set /p file_date=<$.tmp
del $.tmp
set file_name=sample-%file_date%.tmp
echo %file_name%
----------------------------------------

これで、任意に日付を操作できるぞ!

素敵だ!

因みに『PowerShell』に文字コードは、『UTF-8』。

なので、そのままファイル出力をすると『UTF-8』なんですね。

で、バッチファイルでは、『S-JIS』なので使えないのです…。

このコマンドだと出力されるファイルは、『UTF-8』なんですね。
call powershell -Command "(Get-Date).AddDays(-1).ToString(\"yyyyMMdd\")>$.tmp"

でも、チョット外すだけで、『S-JIS』になるのだった…。
call powershell -Command "(Get-Date).AddDays(-1).ToString(\"yyyyMMdd\")">$.tmp

これが分かるまで結構ハマった…。

他にもリダイレクションでスペースを入れないなど…。

微妙です!

でも、雲泥の差です!

トラップが一杯です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

『Excel』の『データの入力制限』の設定って面倒なので『vba』でやってみる!

『Excel』で色々な入力欄を用意する場合、想定外の文字が入力される場合がある。

そんな時に想定した文字列しか入れられないようにする処理を『データの入力規制』。

これは、プルダウンから選択できるようにもできる優れもの。

設定は、以下の通り。

0001

1.設定するセルを選択。

2.『データの入力制限』を選択。

3.表示された『データの入力制限』ダイアログの『設定』タブを選択。

『入力値の種類』を『リスト』を選択。

『元の値』に『1,2,3,4,5』と入力。

『OK』をクリック。

これで、他の文字が入らないセルができる。

こんな感じ。

002

一つなら良いが、個別のリストを持つ『データの入力規制』を
100個設定するとなると…

これは、なかなか大変…。

いや、マジで…。(汗)

やりましたので…。(泣)

なので、マクロで何とかしようと調べたら結構あった。

上記の設定をマクロで書くとこんな感じ。

'---------------------------------------
Sub test()
    With Range("A1").Validation
        .Delete
        .Add Type:=xlValidateList, _
             Operator:=xlEqual, _
             Formula1:="1,2,3,4,5"
    End With
End Sub

これを利用すれば、簡単に登録できる!

何と素晴らしい!

で、関数化するとこんな感じ。

これなら100ぐらいなんでもない!

----------------------------------------
Sub test()
    DataEntryRestriction "A1", "1,2,3,4,5"
End Sub

'---------------------------------------
' セルに『データの入力規制』を登録
' 登録する場所
' 登録するリスト
' 使い方:DataEntryRestriction "A1", "1,2,3,4,5"
Public Function DataEntryRestriction(r As String, list As String)
    With Range(r).Validation
        .Delete
        .Add Type:=xlValidateList, _
             Operator:=xlEqual, _
             Formula1:=list
    End With
End Function
----------------------------------------

もし、物凄く複雑なリストでもループで回せば大丈夫だろう!

だが、この方法には、落とし穴があった…。

つづく!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

『Excel』の『vlookup』だと検索対象の左側が表示対象にできない!ので出来るのを作ってみた。

『Excel』で『vlookup』だと指定範囲が検索対象の左側しか指定できない。

何でそんな半端な…。

ならば他の手段で出来ないかと考えてみた。

例えばこんな感じのリストを考える。

番号    名前    電話番号
0001    A01    000-000-0001
0002    A02    000-000-0002
0003    A03    000-000-0003
0004    A04    000-000-0004
0005    A05    000-000-0005
0006    A06    000-000-0006
0007    A07    000-000-0007

名前から番号を取り出したい。

エクセルに記載した感じは、こんな感じ。

0000

名前から電話番号ならこれで出せる。

=VLOOCKUP(E2,B:C,2,FALSE)

でも番号は、

=VLOOCKUP(E2,B:C,0,FALSE)

では、表示されない…。

そこで、別な関数との組み合わせで対応してみた。

=INDIRECT("A"&MATCH(E2,B:B,0),TRUE)

で名前から番号が求められる。

意外に検索対象の左側に表示したいものがある事がある。

で、勢い検索対象を一番左側にコピーしたりして凌いでいたが
この関数で解決!

まあ、こんな風に関数として登録したら良いかも…。

=VLOOKUPEX(E2,B:B,"A")

Module1.bas
----------------------------------------
'---------------------------------------
' s0=検索対象文字列
' s1=検索する桁を示す文字列
' s2=結果を取り出す桁を示す文字列
' 使い方:=VLOOKUPEX(E2,B:B,"A")
Public Function VLOOKUPEX(r0 As Range, r1 As Range, s2 As String) As Variant
    VLOOKUPEX = Range(s2 & WorksheetFunction.Match(r0, r1, 0))
End Function

----------------------------------------

…関数化に意外に手間取ったのは、秘密だ…。(汗)

色々改善点は、あるけど、動くので良しです!

チョット使い勝手が悪い関数は、改良するのに限ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

『仮想通貨』って…個人的に無いわ…と思う。

何で『BitCoin』を買う人が居るのかが分からん。

送金手段としては、安価ならありとも思えるが…

投資としては、無いだろう。

技術に投資と言って買った人は、知っています。

正にサーバー関連のお仕事の人なので、まんまの意味で
別に売るつもりは、言っていました。

個人的には、正体が不明なので買う選択は、無いです。

『仮想通貨』って最終的には、誰かにかすめ取らるんじゃね?

と強く思ってしまうだよね。

もっと言えば、インターネット上にあるものは、基本誰からも取られる可能性がある。

結構ユーザー情報が流出したりしているからね。

ネットでの買い物は、便利かもしれないが、その分のリスクも織り込んで使わないと、
巻き込まれた時に大変だと思う。

なので、これからも『仮想通貨』関連の記事は、読むけどね。

10年後にどうなているか見ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

無線マウス『MARATHON(M705m)』を買ってみた。

友人に無線マウスでなんか良いの無い?

って聞いたらこれを勧めてくれた。

MARATHON(M705m)

20180509001

開けてみるとマウスと電池。
20180509002
付属されていた電池を見てみたら。

DURACELL ONE

20180509003

この電池の沿革を確認したら…

日本でも販売して欲しいな…。

さて、使ってみたら…

結構良い感じ♪

マウス自体の大きさや重さは、良い感じ。

反応も有線とそんなに差を感じない。

これは、良い♪

これは、良い買い物だ!

ラッキー♪

と思ったら、反応が物凄く悪くなった時があった。

電池切れが?

電池を入れ替えても改善しない!?

ええ?

壊れた?

故障?

かと思ったら具合が悪くなる前に刺した
USBメモリーかと思って抜いてみた…。

回復した!

ええ?

あのUSBメモリーってそんなに無線をアウトにするのか?

電源の問題?

電波の問題?

兎も角、具合が悪くなったら、直前に刺したUSB機器を抜こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

『cd』のオプションの『/d』って何だぁ!!!

調べ物をしていたら…

コマンドプロンプトについてのまとめ

ってのを見つけた…。

そこに

『cd /d ~』っての見つけた。

何これ!

地味に超素晴らしんですが…。(笑)

実は、フォルダーの右クリックで出るメニューから
コマンドプロンプトを実行したいのだが中々うまく行かなかった。

で、できたのがこれ。

以下のテキストを『ms-dos.reg』の名前で保存する。
--------------------ここから
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\MS-DOS\command]
@="c:\\windows\\system32\\cmd.exe /k cd /D \"%V\""

--------------------ここまで

をダブルクリックで実行すれば、インストールできる。

『cd /d ~』っが超素敵!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

容量不足から『GW3.5ACX2-U3.1AC』を買ってみた…。

データバックアップ用のHDDが10%を切った…。

管理アプリから警告が出る。

で、レイド対応のHDDって高いよね…。

でも最近のバルクHDDは、安いのでケース+HDDで。

玄人志向 GW3.5ACX2-U3.1AC』+『TOSHIBA MD05ACA600

20180401001

開けてみるとこんな感じ。

20180401002

組んでみた後に切り替えスイッチの変更を行わずフォーマットをかけてしまった…。

あれ?容量が違うじゃん…。

って訳て電源を落としてレイド1に設定し電源入れてフォーマット。

最初のフォーマットで躓いたので大丈夫か結構ビクビク…。

何度か試してみた。

大丈夫そうなので使用してみる。

いや、速い…。

速さは、素敵だ♪

バックアップなので普段使用しないのが勿体ないかも…。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

『インテル8080伝説』を買ったよ♪

『モトローラ―6800伝説』を買ったので
出版社のサイトを見たら気になる本があったから買ったよ!

インテル8080伝説

20180211001

最初の方には、CPUを開発する会社の流れでなく
CPUを購入して販売する方の状況を説明してい。

面白い♪

大抵、開発会社の方の説明なのでCPUが
一般ユーザーにどう浸透したかが分かる。

しかし、その手の話は、4分の1…。

半分ぐらい書いて欲しかったな…。

で、4分の3は、ボードマイコンを製作する方にさいてある。

確かにそのぐらいのボリュームは、必要かと…。

現在の部品の購入方法につて記載があるが、これも面白い♪

説明過程でメモリーマップやニーモニックや割り込みとか…

懐かしい♪

CP/Mってそうやってできたのかってのも興味深い。

でも、この手を面白がるのは…

まあ、限られるのだろうが…。(笑)

好きなら買おう♪(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

SSDの外付けが欲しくて『WDS240G2G0A』を買った。

作業を行うPCのHDDが遅いので、ストレスが溜まりまくり…。

ちなみに最近買ったPCは、SDDでメッチャ早い!

確認すると『WDS250G1B0A』。

なので、SDDを買ってみることに。

店に行って外付けのSSDを見てみたら、メッチャ高い…。

小型軽量の素敵なデザインだから高いのかな?

でも、俺は、2インチの安いやつが良いんです。

で店頭で見つけたのがこれ…。

WDS240G2G0A』と『シンプルボックス2.5』。

20180113001_2

SSDを買ったのは、初めてなので店員に訪ねてチョイス。

出してみる。

20180113002_2

早速組み立てる!

20180113003

説明書は、分かり易い図解で組み立ては、数分で終了!

フォーマットをして使えるように。

早速『CrystalDiskMark 6.0.0 x64』で、チェックした。
https://crystalmark.info/

『WDS250G1B0A』は、このスペック。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 6.0.0 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                          Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   552.022 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   489.334 MB/s
  Random Read 4KiB (Q=  8,T= 8) :   399.305 MB/s [  97486.6 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=  8,T= 8) :   251.836 MB/s [  61483.4 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   353.845 MB/s [  86387.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   250.292 MB/s [  61106.4 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q=  1,T= 1) :    40.100 MB/s [   9790.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=  1,T= 1) :   128.376 MB/s [  31341.8 IOPS]

  Test : 1024 MiB [C: 43.5% (100.6/231.5 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2018/01/13 14:15:27
    OS : Windows 10  [10.0 Build 16299] (x64)

これは、かなり速い!!!

なのを期待したら…

『WDS240G2G0A』は…
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 6.0.0 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
                          Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   378.790 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :    87.357 MB/s
  Random Read 4KiB (Q=  8,T= 8) :    45.729 MB/s [  11164.3 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=  8,T= 8) :     6.789 MB/s [   1657.5 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :    45.207 MB/s [  11036.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     6.726 MB/s [   1642.1 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q=  1,T= 1) :    14.361 MB/s [   3506.1 IOPS]
Random Write 4KiB (Q=  1,T= 1) :     5.253 MB/s [   1282.5 IOPS]

  Test : 1024 MiB [F: 0.1% (0.1/223.6 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2018/01/13 14:23:29
    OS : Windows 10  [10.0 Build 16299] (x64)

値段が安かったので…

調べたらノート向けの省電力タイプ。

高スペックは、緑色でなく青色と知った。

まあ、良いか…。(汗)

使用しているHDDより、全然早いし!

勉強代としよう…。

しかし、SDDって速度差が激しいかも…。

最もHDDでも回転数が5400と7200でスピードを違うし…。

今度は、間違えないように買おう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧